カードローンの審査基準と審査に通りやすくなる方法

カードローンの審査基準と審査に通りやすくなる方法


メニュー
TOP三井住友銀行の口座を持っている人におすすめのプロミスのサービスとはカードローンの審査基準と審査に通りやすくなる方法迅速な融資が自慢のアイフル!アイフルの利用条件とはプロミスの斬新な二つのサービスをご紹介

カードローンの審査基準

カードローンは土地などの不動産を担保にしないローンなので、審査に通るには申込者の属性が大きく関与してきます。消費者金融業にとってはお金を貸して利息で儲けるわけですから、出来るだけ多くの人にお金を貸したいはずです。

しかし申込者の状況によっては貸し倒れになるリスクがあるので、申し込みの際に、その人の信用情報をチェックしたり、年齢や年収、勤続年数、居住形態などの属性を確認しているのです。例えば、年収が1000万円あっても自営業で毎月の収入が安定していない人と、年収が300万円で勤続年数が5年、毎月の収入が安定している人であれば、後者の人の方が審査に通りやすくなるわけです。カードローンに申し込む際には自分の属性を考えてみて、自分が審査に通りやすいかどうか客観的に見てみることが必要でしょう。

審査に通りやすくなるために

属性はすぐに変えることは出来ませんが、出来るだけ審査に通りやすくするために自分の状況を変えることは出来るはずです。例えば他社からお金を借りていて延滞が続いているようであれば、まずはきちんと返済期日を守って返済するようにしてください。物販でも同じで返済が滞るようであれば、「この人は返済期日を守らない人だ」と判断されるので、審査に通りにくくなるのです。

それからクレジットカードをはじめ複数のカードを保有していて、使わないカードがあればすぐに解約してください。クレジットカードでもキャッシング機能がついているものがあり、それがそのまま利用枠となります。すでに利用枠を持っていれば審査に通りにくくなる可能性がありますから、使わないカードはすぐに解約してください。